新しい給湯器に交換するときに知ってくべき知識

3つの種類と機能

給湯器

普段何気なく使用しているお湯は、給湯器があることによって、作り出すことができます。意識せずに使っていることが多いですが、実はとても重要な設備になっています。キッチンやお風呂などの水回りはもちろんですが、床暖房として活用することもあります。給湯器の熱源は、大別して、ガスと石油、電気の3種類に分けることができます。一番普及しているのはガス給湯器で、最近では、地球環境を考えた高効率のガス給湯器が登場しています。石油給湯器は、排熱を再利用して、熱効率を向上させた新しいタイプが誕生しています。電気を熱源としている給湯器は、大気熱を利用したり、電気ヒーターでお湯を沸かしたりすることができます。このように、一言で給湯器と言っても、さまざまなタイプがあるのです。

給湯器には、給湯だけの機能がある商品もあれば、追い焚きや温水暖房などの機能が付いた商品もあります。生活の状況によって、必要な機能は異なるので、どのような機能が必要か考えておくと良いでしょう。主流となっているのは、追い焚き機能がついている商品です。オートタイプの追い焚き機能の場合は、スイッチ1つ押すだけで、お湯張りや追い焚き、保湿を自動で行なうことができます。お湯が少なくなったときには、足し湯ボタンを押す必要があります。フルオートタイプの場合は、自動で足し湯をしてくれます。風呂配管クリーナー機能がついている商品なら、追い焚きは配管を自動で掃除してくれます。このようにさまざまな機能があるので、購入する際はしっかり確認しておいたほうが良いです。